制作:アドマック出版     ▶ENGLISH
facebook シェアする

『久能山の歌』静岡県郷土唱歌 昭和11年

石の階段(きざはし) 幾曲り、
阻路(そばぢ)もかすむ 久能山。
駿河の海を 見下して、
英雄ここに 眠るかや。

工(たくみ)凝らせる 鑿(のみ)の跡、
眩ゆき宮居(みやゐ) 日に映えて、
葵(あふい)の紋の かがやける
甍(いらか)ぞ見ゆる 木(こ)がくれに。

今も殘(のこ)れす 一本(ひともと)の
物見の松に 吹く風は、
東照公(とうせうこう)の 在りし日の、
勲(いさを)を高く 歌ふかな。

『久能山の歌』を聴く▶



『徳川家康の歌』静岡県郷土唱歌 昭和11年

雄圖(ゆうと)を秘めて 東海に、
心を砕く 幾春秋。
時こそ来つれ いざ起てと、
勝敗決す 關ヶ原(せきがはら)。

昌平(しょうへい)永(なが)し 三百年、
文化の花の 咲き匂ふ、
基(もとゐ)築きし 英雄の
誉(ほまれ)ぞ世々に 謳(うた)はるる。

石垣高き 駿府城、
兵士(つはもの)、今や 屯(たむろ)して、
銃(つつ)執(と)るわざを 修めつつ、
しのぶや公(きみ)が その功績(いさを)。

『徳川家康の歌』を聴く▶
facebook Share This Page
© 2010-2015 Admac Inc. All rights reserved. The songs are public domain.